遂にリリース!!モバイルPASMO for Apple Pay!!

iPhone/iPad
Pocket

本日(10/6)、遂に「モバイルPASMO for Apple Pay」がリリースされました。

遂にリリース!!モバイルPASMO for ApplePay
遂に、2020年10月6日に、「モバイルPASMO for Apple Pay」がリリースされます。 Android版については、先行してリリースされていましたが、遂にiPhoneも対応ということで個人的には嬉しい限りです...

皆さん、もうインストールされましたか?

私は、早速インストールしてみました。

まだ、使いこなせてはいないですが、簡単にアプリの紹介とカードの追加方法について、

シェアしたいと思います。

スポンサーリンク

モバイルPASMO for Apple Payとは

モバイルPASMO for Apple Pay」とは、関東近郊の鉄道やバス事業者が販売している

ICカード乗車券をiPhoneApple WatchApple Payで利用できるサービスです。

Android向けのモバイルPASMOは、2020/3/18に先行リリースされていましたが、

それから半年経って、遂にiPhoneApple WatchApple Pay向けにもサービスが

開始されました。

JR東日本の沿線以外に住む利用者にとっては、待ちに待ったと言えるでしょう。

※モバイルSuicaは、乗車駅または降車駅がJR東日本の駅でなければ定期券発行などが
 利用できなかったため

なお、「モバイルPASMO for Apple Pay」は、以下の対象端末で利用できます。

  • iOS14.0がインストールされたiPhone 8以降のモデル
  • watchOS7.0がインストールされたApple Watch Series 3以降のモデル

モバイルPASMO for Apple Payの特徴

モバイルPASMO for Apple Pay」では、以下の通りサービスを利用できます。

  • PASMOの新規発行(デポジットフリー)
  • 既存のPASMOの移行(取り込み)
  • どこでもオンラインチャージ
  • モバイルSuicaと共存利用
  • どこでも定期券購入
  • オートチャージ
  • バス定期券のモバイル化
  • PASMOアプリがなくてもモバイルPASMOが発行可能

これまで、PASMOを利用するためには、駅の窓口や券売機などで

手続きして発行する必要がありました。

それが、自分のiPhoneApple Watchがあれば、どこでも発行することができるというのが、

一番のメリットと言えるでしょう。

また、新学期や新生活が始まる時期の定期券の購入のために、

長い列に並んで購入する必要もなくなるのも、とても嬉しいことです。

モバイルPASMOの利用開始方法

モバイルPASMOを利用するためには、以下のいずれかの方法で、

Apple PayにPASMOを設定する必要があります。

  • 手持ちのPASMOを移行(取り込み)する
  • WalletアプリでPASMOを新規発行する
  • PASMOアプリでPASMOを新規発行する

では、各方法について、詳しく解説していきます。

手持ちのPASMOを移行(取り込み)する

この方法を利用することで、手持ちのPASMO、 PASMO定期券を

iPhoneApple Watchに取り込んで利用することができます。

手順は、以下のとおりです。

Walletアプリを利用する場合

Walletアプリを開き、
追加ボタンをタップする

「続ける」をタップし、
「PASMO」をタップする

「お手持ちの交通系ICカードを
追加」をタップ

PASMOカードの裏面に記載
されているPASMO ID番号の
下4桁を「PASMO ID番号」欄に
入力

記名式PASMOや PASMO定期券を追加する時は生年月日も入力

「次へ」をタップし、
同意する場合は「同意する」を
タップ

諸規則に同意し、
iPhoneの上部をカードの
中央部の上に置くと残高が
転送されます

残高の転送が完了するまで
数分程度かかります

PASMOアプリを利用する場合

PASMOアプリを起動し、
「はじめる」をタップ

発行の種類から
「お手持ちのPASMOカードで
はじめる」をタップ

Walletアプリが自動で開くので
追加ボタンをタップし、
画面の案内通りに操作する

※初めてApple PayにPASMOを追加すると、自動的に「エクスプレスカード」として
 登録されます

注意事項

移行(取り込み)ができるPASMOは以下のもののみとなります。

また、改札内に入場した状態では、移行(取り込み)はできません。

その他、注意事項などについては、公式サイトを確認して下さい。

WalletアプリでPASMOを新規発行する

この方法を利用することで、簡単にiPhoneApple WatchへPASMOを発行することができます。

iPhoneにPASMOを新規発行する場合

Walletアプリを開き、
追加ボタンをタップする

「交通系ICカード」セクションの
「PASMO」をタップする

交通系ICカードに入金したい
金額を選択して「追加」をタップ
※新規発行時は下限1,000円

諸規則に同意し、画面の案内に
そって指定した金額支払を
承認し、PASMOを新規作成する

Apple Watchに PASMOを新規発行する場合

iPhoneでWatchアプリを開き、
「マイウォッチ」タブを選択し、
「WalletとApple Pay」を
タップする

「カードを追加」タップする

「PASMO」を選択する

入金する金額を選択する

画面の案内に沿って、
Apple Watchで交通系ICカードを
新規作成する

作成が完了すると、
自動的にApple Watchに
カードが追加されて
利用可能になる

※初めてApple PayにPASMOを追加すると、自動的に「エクスプレスカード」として
 登録されます

PASMOアプリでPASMOを新規発行する

この方法を利用することで、PASMOアプリ上で、新規にPASMOを発行することができます。

また、会員になることで、Apple PayのPASMOの全てのサービスを利用することができます。

記名PASMOの発行の場合

新規発行と会員登録を同時に行います。

これにより、PASMOの全てのサービスを利用することができます。

PASMOアプリを起動し、
「はじめる」をタップする

発行の種類から、
「新しくPASMOを作る」を
タップする

タイプから「記名PASMO」を
タップする

会員規約に同意し、
「会員登録」画面で必要情報を
入力する

「Apple Payにカードを追加」
画面でiPhoneを選択する

希望する名称を入力する
※文字数は20文字以内

会員登録が完了し、
記名PASMOの新規発行は
完了です

⑥で入力した名称は
画面上のPASMO券面の右上に
表示されます

無記名PASMOの発行の場合

PASMOアプリを起動し、
「はじめる」をタップする

発行の種類から、
「新しくPASMOを作る」を
タップする

タイプから、「無記名PASMO」を
タップし、次の画面で規則を
確認の上、同意するをタップする

SFチャージ画面で
「チャージ金額」をタップし、
最初に必要な金額を指定する

※「チャージしない」を選択する
 ことも可能

チャージ金額を選んだ場合は、
「Apple Pay」ボタンをタップし
Apple Payの画面で「続ける」を
タップしてApple Payにカードを
追加する

エクスプレスカード設定画面で
「完了」をタップする

諸規則に同意し、
無記名PASMOの新規発行は
完了です

※初めてApple PayにPASMOを追加すると、自動的に「エクスプレスカード」として
 登録されます

さいごに

今回は、「モバイルPASMO for Apple Pay」についてとモバイルPASMOの発行方法について、

ご紹介しました。

まだ、いろいろと利用方法や設定などがたくさんあります。

また、別の記事で、そちらについては紹介しようと思います。

タイトルとURLをコピーしました